こむぎとももの、の~んびり わわわん
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食欲低下
2016年08月29日 (月) | 編集 |
呼吸苦が続いていたので、酸素テントの導入を

検討しながら ネットで色々検索し続けて

塩分は大敵 という事で 唯一食べられていたドッグフード

『消化器サポート』の微量な塩分を危惧して

思い切って 豚のヒレ肉だけにしてみた。


そのせいとは言わないけれど

無事に お誕生日を迎えられて、ちょっと落ち着いてくれたかな・・・

ちょっと元気が出てきたかな?

と、ホッとしたのもつかの間


昨夜は なんだかよく水を飲んでいた。

なんとなく気になっていた。


今朝は いつも通り 朝のお薬を飲んで

お外でたっぷりチッコして帰宅

1時間後・・・

次の心臓の薬を出すが 飲まず

ちょっとゆるいウンPをして お腹がキュルっと鳴った。


アレルギーかぁ・・・

アレルギーのお薬を飲ませ 20分後心臓の薬を飲ませ

10分後 嘔吐

普段 アレルギーの薬を飲ませて30分すると 食欲は復活するのに

1時間経っても お肉を食べない。


そのまま 病院へ


「うーん、血液検査した方がいいかな」


検査の結果は 腎不全起こしてるかな・・・

こむぎの場合の心臓の治療と腎臓の治療は正反対の治療で

心臓の治療は 血流を抑えて逆流を緩やかにしていく治療

と、逆に腎臓は血流を増やして老廃物を洗い流す治療

積極的な心臓の治療をすると 尿毒症を起こしてしまう

積極的な腎臓の治療をすると 肺水腫を起こしてしまう

かなり 難しい危険な状況であるとのこと。


ひとまず 吐き気を抑えて 薬を飲めるようにして

様子をみる事に。

吐き気止めを注射してもらい 帰宅後


ごはんが食べられないの・・・涙

お肉を眺めるだけ・・・

少しづつ お口に運んで ももにも分けて

いつもの 3分の1食べたかな・・・


じゃ!!あたしが食べたげるっ!!

こむぎの食欲低下の横で

食欲増進している ももが 「なんなら あたしが・・・」

って目で見てる(笑)

ももが 元気なのが救い~


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。