こむぎとももの、の~んびり わわわん
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奇跡を信じて
2016年07月21日 (木) | 編集 |


2016年7月19日(火)15:30




無事、帰宅しましたぁ~  パチパチ~~~♪ 




帰宅すると

まずヨロヨロ びっこを引きながらトイレに行って チッコして~

お水飲んで~ お得意のゴザのヘリをペロペロ・・・(笑)して~

1時間くらい 抱っこで爆睡していました(笑)

 やっと ホッとしたね^^



帰宅後


家の中は 下記の写真の通り

フローリングには 滑らないようにと おそそしてもすぐ対処できるように

ブロック式のカーペットを敷き詰めました。


敷き詰めました。


どれくらい 動けるようになるか・・・

正直、すっごく不安でした。

もうね、垂れ流し覚悟? 介護生活覚悟? していました。

不安なのは 痛みがどこまで軽減できるのか・・・ということ。



『こむぎは軽いから このまま手術をしなくても

少し不自由でも歩けるようにはなると思う

心臓が悪くても使える麻酔もあるから 少し状態が安定すれば

手術、出来なくはないんだけど・・・痛みとショックで肺水腫を起こして

しまう状況を考えると こわいなぁ・・・』

って事で 2週間分の痛み止めの薬を処方され




『少しこれで様子をみて また相談しよ

切るのはいつでもできるから』



という事になりました。




手術をすれば 歩行も楽になるし

痛みもなくなる ということ。

Webでも調べてみたけど、やっぱり皆だいたいのワンコは

手術するようなケガ。


でもね


帰宅して まっさきにヨロヨロしながら歩いて トイレに行く

その姿を見たらね

手術しなくていいや!!


と、思いました。


痛みもね 1~2週間すれば 軽減されるだろうから

も少し上手に歩けるようになるかなって言われてたんだけど

結構上手に歩いてるの^^


お座りすると・・・

ちょっと右足が横向きに開きすぎてるのが

痛々しいけどT_T


元通り?


ただ・・・

やっぱり心臓は気になるところで

細かい事をいうと

不整脈だし、やっぱり少し脈早いし

呼吸も静かになったけれど、時々 フガっとなる。

気は抜けない感じ。



でもね



手術をしないで 股関節も 心臓も 落ち着いてくれて

痛みや苦痛から開放されて暮らせるように

奇跡を信じて見守っていきたいと思っています。


マイペース


ももは 

こむぎが痛くてキャンキャン鳴いている時は心配そうにソワソワしてました。

その後、呼吸の心配していた時も 様子を見にきていたり

こむぎが入院したあと あっちこっち探していました。

なので 帰ってきた時にどんな反応するのかなぁ・・・と思っていましたが

少し距離をおいて 見守っていました。

ももってほんと やさしいコなのねぇ~


うるさいおチビなんだけどファミリーだもんね^^

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。