こむぎとももの、の~んびり わわわん
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
みかんとこむぎ
2016年09月29日 (木) | 編集 |
私の大切なお友達・・・とは言っても実は中学校時代の1つ上の先輩
ちょっとだけ(ココ強調しとかないとね。笑)お姉さん

の愛娘、愛犬のみかんが こむぎが虹の橋を渡った2日後に
虹の橋を渡っていった。

とっても可愛いトイプードルでした。
気になる方は↓よりご覧下さい。
    《Whimsical Ladybug》

実はみかんとこむぎはいくつもの共通点があって
それゆえに?
面識はないんです。

お互いに 自分が1番のコ 「あたし、犬じゃないですからぁ~」
そんな言葉が聞こえそうなコたちでした。

こむぎがももを受け入れる事ができるかどうか心配だったと
同じくらい みかんも後から来たるんるんを受け入れるのが大変でした。

年齢も 同じ。
こむぎが8月生まれだったけど、みかんは10月生まれでした。

みかんが来た時のコト覚えています。
確か・・・飛行機に乗ってやってきたんだったと思ったなぁ

1度くらい会わせておいてあげたかったけど・・・
難しかっただろうなっていう
マイペースな姫たちでした(笑)

みかんが旅立って みかんのために買ってあげていた
高級な療法食。 こむぎも消化器用を食べていたけれど

高齢犬用の 関節だったり アンチエイジングだったりって
色々あるんですね~

みかんの妹犬はまだ ピチピチのギャル犬
高齢犬用を食べさせるには まだまだ早い

てなわけで ももにいただきました^^

元気のなかったももが少しでも元気が出るように
ありがとうございます^^


アンチエイジングお忘れなく~


お礼という訳ではないんだけれど かわいいみかんに
かわいいお花を届けたくて よく行くお花屋さんに行って
みかんの話をしながら お花を作ってもらいました。

みかんとるんるん


みかんだけに みかん色で^^
この写真は みかんママが喜んで送ってくれたものです。
みかんのイメージにピッタリだったので 私もビックリでした。
そして そのみかんのお花の中にみつけたこむぎ・・・(笑)
わかります?

思わず 小さいみかん入りこむぎ花束 作ってもらってきました(笑)
ちっさいけどわかるかな?
こむぎっぽい。 オニソガラムっていう名前の花で
麦の穂をでっかくした感じ? 白い花が咲いていくんだって


mかんとこむぎ入り


この手前にある チワワは みかんママが見つけて買ってきてくれた
カレンダーなの。2017年になったら めくらせていただきます^^
ありがとうございました。

きっと今会ったら 号泣ランチになっちゃうよね~
なんて言ってなかなか実現しなかった再会でしたが

自分たちの悲しくも変な行動をしている自慢で花が咲き
号泣どころか笑ってごはんを食べていました(笑)


動き出しました^^


我が家のももちゃん ひずめ効果か・・・?(笑)
やっと 少しづつ動き出しましたよ^^

私も動き出さなくっちゃ~

今日、こむぎが水を飲んでる夢を見ました。
「ハイハイ こむちゃんもお水飲む?」
「あ、ももちゃんにも入れてあげるからね」

いつもとかわらない生活の夢でした。
会いに来てくれてありがと~

スポンサーサイト
笑顔、め~っけ^^
2016年09月28日 (水) | 編集 |
ももの笑顔が少なくなったと思っていたので

ももを連れて ペットのコ○マへ

いつもは 豚・・・豚・・・ピギー・・・ピギー・・・

と、豚製品ばかりを探していたので

こ~んなに色んな物があったのねぇ~

なんて、迷いに迷って ぎぎが大好きだった

牛のひずめ

買ってあげました。

これねぇ・・・ぎぎが大好きだったんだけどねぇ・・・

めっさ 臭いっ!!

まっ 食べてみてよ



え・・・なになに? これなあに?


なにこれ?


しばらく クンクンしていたものの・・・

バキバキッ


うっま~


うっま~

って聞こえてきそうな笑顔 め~っけ^^

でも

ぎぎの時に買ってあげたモノより臭さ減ったかなぁ?

もちっと ちっさいといいんだけどね~


あ、でも せっかくペットショップに行ったのに

さすがに仔犬を見ることはできませんでした^^;

ごめんね・・・
2016年09月25日 (日) | 編集 |

こむぎを見送ってから1週間が過ぎた。

相変わらず 寂しいし 悲しいし 胃は痛いし 泣いてるし・・・

それでも ももが居てくれてよかったよ~
なんて ももを抱っこしても 泣いて・・・



でもね

気付いたんだ




いっつも なにげに ももの周りをペロペロしたり
くっついてきたり ケンカ売ったりして 
うっさいな~って思ってるだろうな~って
見てたんだけど。


こむぎが居なくなっても 毎日こむぎを探してるし

こむぎのごはんの台は やっぱり使わないし

お散歩行こ~って声かけても はしゃがなくなったし

車に乗っても 動き回らなくなったし

ふたりの時は他の犬が来ると吠えまくってたのに
他の犬に吠えなくなった・・・


静かなんだよ
確かに元々 騒がしいコではないけどね
ばあちゃんだから元々寝てばっかなんだけどね
笑顔が減った気がする。

寂しいのは 私だけじゃなくて
ずーっとずーっと一緒にいた ももだったんだね


私が仕事に行ってる時も 
ずーっと二人でお留守番してくれてたんだよね

もも~~~


ごめんね もも
もう ももの前では泣かないと決めた。

ももの笑顔を取り戻すコトも考えてあげないとね。

そんなこと 考える余裕がなかった。
一番寂しいのは ももなんだってこと。

ごめんね もも

一緒に笑えるようになろうね~

変わっていく日常・・・
2016年09月22日 (木) | 編集 |

朝 5時を過ぎると 寝室の扉をカリカリする音がしない
のに・・・目が覚めてしまう。

こむぎのために設置した 階段をふさぐ柵が もう、ない。
(久々の階段に ももはコケていた)

お散歩の胴輪も1本になり
玄関に置いてあったスリングもない。

冷蔵庫に貼った薬の山もなく
その山のような薬を混ぜて飲ませる作業もない。
呼吸の確認もない。

でも

ももは外でしか排泄をしないのに
何故か 誰も使わなくなったトイレを片付けることができない。
ハウスも2個 並んだまま

ももは こむぎのエサ台にごはんを置くと食べない。

朝、寝室からリビングへ連れてきたときや
「寝るよ~」「お散歩行くよ~」
移動の声をかけると こむぎを探す。

そして

一番変わったのは




こむぎが いない。